早い内に入学させる幼稚園を選んでおくメリット

男の子

気軽にチャレンジ

女の子

小学生から英検にチャレンジする人は増えています。文科省でも小学生の5級取得を推奨しています。初めの取り組みは、たくさんの勉強時間を確保する必要はありません。一日10分でも十分成果があります。また、オンライン学習やゲームソフトを使用して、楽しく進めることもおすすめです。

読んでみよう

幼児教育のシステム

男の子

入園の負担を軽減

私立の幼稚園の場合は、入園に際して一定の費用がかかります。福岡市では、私立の幼稚園に入園する世帯に、一部補助を行います。福岡市が設ける基準を満たすと、私立の幼稚園に支払うべき費用が減る仕組みです。地域の幼稚園の数が限られる状況では、私立を希望する方もかなり存在します。福岡市の制度を利用すると、負担が大分軽減されます。幼稚園に関する具体的な情報は、福岡市が提供するホームページから得られます。地域にある幼稚園の場所や連絡先などが分かりますので、問い合わせも容易に出来ます。入学を控えた子供がいる場合は、早いうちに情報を集めておくのがベターです。入園準備を早くスタートさせれば、より有利な選択も可能です。

教育内容で選択

私立の幼稚園は、大体において教育に関するこだわりを持ちます。どのような教育を受けられるかは、入園を考える上でも重要になるテーマです。近隣の幼稚園の教育について知っておくと、理想的な教育が与えやすくなります。数年後の小学校への入学や子供の性格などを考慮して幼稚園を選ぶと、人格形成にプラスの影響が期待出来ます。幼少時の教育は、その後も子供の人生に関わってきます。選べる選択肢の中から、ベストな施設を選ぶのが幼児教育を進める上でのコツです。私立の幼稚園は、個性の強い子どもでも比較的なじみやすいケースが多いです。通園の費用がかかるだけに、教育内容も充実しています。各園のホームページは、選択の際の貴重な参考材料です。

英才教育をお考えの方へ

女児

最近では、幼稚園や小学校の受験のために小さいことから幼児教室似通わせるケースが急増しています。中でも世田谷はセレブが多いことから、幼児教室も様々な場所にあります。教室では毎月見学会を開催しているので、気になる事があれば、気軽に参加してみて下さい。

読んでみよう

幼児の可能性のために

女児

幼児教室では、様々な分野で幼児の力を伸ばすことができます。ただし分野をしぼりすぎると、幼児の可能性をかえって減らすことになるので、選択には気をつけることが大事です。また、年齢によっては保護者も同行することになります。指導方法などを実際に見ることができるので、家庭での教育の参考になります。

読んでみよう